マウスピースでの治療

マウスピースでのいびき・無呼吸の治療について

いびきと比較的軽い SAS の治療法としてマウスピースが用いられています。ただしスポーツで使用するものとは異なります。下顎を少し前方へ出した状態になるように調整したマウスピースを使用することによって、咽頭部を広げ、睡眠中に喉が狭窄したり、閉塞したりするのを防ぎます。
小型であるために携帯に便利です。副作用として顎の痛みや違和感がありますが、数ヶ月の使用でほとんどが徐々に慣れていくようです。 ただし重症の SAS 患者にはあまり効果が期待できないこと、 総入れ歯や歯周病、ひどい顎関節症の方、鼻のとおりの悪い方には適さないなどの欠点もあります。

マウスピースの作り方

マウスピースは専門の歯科医師にオーダーメイドで作成してもらうことになります。経験が出来を大きく左右するようなので熟練した歯科医に受診することも大事なようです。平成 16 年 4 月より健康保険が適用になりました。