いびき・無呼吸の手術

いびき手術の前に

無呼吸の原因部位が明確な場合、たとえば、扁桃肥大やアデノイドによる場合(扁桃摘出術、アデノイド切除術)や、鼻中隔湾曲症(鼻中隔矯正術)や肥厚性鼻炎(下鼻甲介切除術、下鼻甲介粘膜焼灼術)、鼻茸(鼻茸切除術)などの鼻疾患の場合には外科的治療が有効です。口蓋垂(のどちんこ)が長くてのどが狭くなっている場合には、 UPPP や LAUP などの手術法があります。外科的に咽頭部を拡大するので呼吸がしやすくなり体内の酸素量も増加します。酸素量の増加は心肺機能の負担減少につながるので、高血圧や循環器系などの合併症抑制に有効であるとされています。
ただし 成人の場合は、原因部位が明確でなかったり肥満を合併したりしているケースも多いため、手術適応には慎重な判断が必要です。また肥満合併で重症の場合は、手術そのものがリスクを伴うことも頭に入れておかなければならないでしょう。

いびき・無呼吸の手術法

生命維持が危機的状況などのとき(気管切開)

生命の危険を脅かすような重度の睡眠時無呼吸症や気道の閉塞が著しい場合には気管切開による気道の確保が必要となります。また、他の外科手術で効果が見られず、放置すると危険な症状の場合にも気管切開は必要です。気管を切開することにより気道に閉塞等の症状があっても充分な空気、酸素を取り込むことが出来ます。ただし、声を出すときには気管にふたをしなければなりませんし、細菌感染を防ぐためにこまめな消毒も必要不可欠です。
UPPP ( Uvulo-palato-pharyngo-plasty )
口蓋垂を含めた軟口蓋を外科的に切除します。次に口腔側と鼻腔側の粘膜とを縫い合わせて上咽頭部の拡大と突っ張った緊張状態を作ります。上咽頭部の拡大緊張が保てれば落ち込んでいた舌や咽頭部分の空間が確保できます。手術には全身麻酔が必要です。重度の SAS 患者が対象になります。
レーザー治療−LAUP (Laser assisted uvulopalatoplasty)
近年、注目されつつある治療法です。レーザーで部分的に焼き切って咽頭を広げます。単純いびきや中程度の SAS 患者が対象になります。切除範囲によって全身麻酔で行う場合と局所麻酔で行う場合があります。レーザーを使用することで、体への負担を少なくすることが可能です。