いびき・無呼吸の治療

いびき・無呼吸の治療法

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法には様々なものがありますが、薬物療法ではなかなか効果が得られにくいのが現状のようです。軽度のものであれば肥満を解消したり生活習慣を改善するだけで良くなるケースもありますが、体重が戻ればやはり元に戻ってしまいます。
現実的には、CPAP療法や外科的な手術で治療することになります。最近ではレーザー手術による治療なども注目を集めています。

CPAP療法について

経鼻的持続陽圧呼吸療法ともいいます。世界中で SAS の治療法としてその効果が立証され、安全性も確立された、治療において第一選択として使用されるものです。睡眠時にマスクを鼻に固定し、コンプレッサーを用いて加圧した空気を人工呼吸器のように鼻から気道に送り込みます。送られるのは酸素ではなく空気です。上気道を常に陽圧に保つことができ、喉の筋肉のゆるみや、舌や軟口蓋の落ち込みによる気道の狭窄が改善され、熟睡できるようになります。「送り込まれた空気が塞がってしまう気道を支える添え木の役割をする」ということのようです。すぐ翌日から症状が大きく改善されることも珍しくありません。
利点としては、熟睡できるだけでなく、体内の酸素不足を改善させるため、高血圧や不整脈、心拍数増加などの症状も押さえることが可能な点、さらに自宅で断続的に行うことの出来る点、装置が小型なので(手入れの面で不便なこともありますが)旅行や出張に携帯できる点があげられます。欠点としては、睡眠中に鼻にマスクをつけるため、神経質な方は不快感が強い可能性があります。副作用として鼻汁、鼻炎、口渇等があることもあります。
日本では、健康保険で中等症以上の SAS (一時間あたりの無呼吸/低呼吸指数が 20 回以上)の方が保険適応ですが、 単なるいびきには適応がありません 。但し健康保険でこの治療を受けられる場合、毎月必ず外来受診することが必要です。
使用に当たっては器具を絶えず清潔に消毒し、乾燥によって鼻や喉を傷つけることのないように加湿器を部屋につけた方がいいようです。
気道の閉塞度によって適切な空気圧の数値は変わります。よって 治療成功のカギは、適正な空気圧設定とマスクの装着といえます。専門医療機関を受診し、睡眠ポリグラフ下で適正圧を設定/効果確認することが重要です。