いびき・無呼吸の対策

いびきや睡眠時無呼吸症候群を予防・改善する家庭で出来る対策について考えて見ましょう。

減量

肥満している方は食事療法や運動を行い、減量を試みるとよいといわれます。肥満が SAS の原因の一つと考えられるからです。

禁煙

喫煙は血液中の酸素濃度を低下させるだけでなく、上気道炎症を起こさせたり、上気道の筋力を低下させたりして SAS を悪化させることになりえます。

飲酒制限

アルコールは上気道の筋力を弱める作用があり、さらに鼻粘膜を充血させるので鼻づまりを引き起こします。無呼吸を悪化させるため、特に寝る前の飲酒は控えた方がいいでしょう。

薬の制限

一部の精神安定剤や 睡眠薬の中にはかえって無呼吸を悪化させるタイプのものがあります。これらを服用している方は、主治医に相談しましょう。