睡眠時無呼吸症候群の症状

大きないびき

大きな「いびき」をかく場合がほとんどです。いびきの音量は体重の増加に比例して大きくなるらしいです。肥満が上気道を狭くする原因の一つであること、さらに肥満は舌の肥大をもたらすために、舌が気道に落ち込みやすくなること等を考えると、「大いびき」=「肥満傾向」=「気道がふさがりやすい」となります。「大いびき」は無呼吸症候群の危険信号ととらえる事が出来るでしょう。

不眠・寝不足

SAS の場合、睡眠時に気道の閉塞がおこり、肺まで空気が通らなくなります。無呼吸状態が繰り返されると息苦しくなり、熟睡しているようにみえても実際には眠りが浅い、寝つけない、寝ていても頻繁に目が覚めるといった不眠または寝不足状態に陥ってしまいます。夜中に何度もトイレに起きるなど、夜中の覚醒がおきるのもこのためと考えられます。

日中の眠気

前述のように夜よく眠れていないために、日中眠気に襲われることになります。睡眠不足からくる集中力、注意力、判断力などの低下が、時として重大事故を引き起こします。居眠り運転による交通事故につながることもしばしばあります。

早朝の頭痛

SAS では寝ているときに充分な酸素が得られません。特に起床時には慢性的な酸欠状態が 高炭酸ガス血症をひきおこし、これが頭痛の原因となります。重症の場合には 低酸素血症 がおこり 肺高血圧症や右心不全の合併症がおこるとされています。心不全などの症状が出ると予後は不良です。

寝相が悪い

無呼吸であるため当然酸素が欠乏し、苦しくなります。寝相が悪いのは苦しくてもがいている状態といってよいと思います。ばんざいをしたり、布団からはみ出したりするなどよく動きます。

精神不安定

睡眠不足の蓄積が精神面にも変化をもたらすようです。 抑うつ 、精神不安定、精力減退などの症状があらわれるといわれています。