いびきの原因

いびきの原因について

主な原因としては咽頭部の狭窄(扁桃肥大、アデノイド等)、鼻疾患、肥満、アルコール飲用、薬物の服用(睡眠薬、精神安定剤、筋弛緩薬、等)、骨格や加齢 が考えられます。睡眠中にいずれかの原因で気道が閉塞することで、空気の通り道 ( 気道 ) がふさがれ狭くなります。そこに空気が通ると粘膜が振動し、いびきの発生となります。

咽頭部の狭窄

扁桃肥大やもしくはアデノイド。肥大により気道が狭くなり、いびきの発生につながります。

鼻疾患

鼻炎や副鼻腔炎などの疾患によって鼻の通りが悪くなると、粘膜の抵抗が大きくなりいびきの発生につながります。鼻中隔湾曲等の物理的狭窄によっても起こります。

肥満

体重が増えると、顎の周囲、首周り、喉や舌も太くなり、その結果当然のどの容積も狭くなるため、いびきをかきやすくなります。

アルコール飲料

お酒は鼻の粘膜を充血させ、粘膜を膨張させることで鼻づまりを引き起こします。また、舌や咽頭の筋肉の緊張を低下させ、気道が狭くなるので、これもいびきの発生につながります。

薬物の服用(睡眠薬、精神安定剤、筋弛緩薬等)

筋肉の緊張を緩和させる作用があり、舌や咽頭の筋肉の緊張が低下するため、気道が狭くなりいびきの発生につながります。